過払い請求の知識の運営者情報

久川あきら : 都内の某大学、法学部の3回生です。

この世の中を見渡すとヤミ金問題であったり、各種クレジット・キャッシング問題で悩まれている人が、非常に多い事に驚いています。

平成18年4月には、アイフル問題を一つのきっかけに、利息制限法と出資法の矛盾点であるグレーゾーンを見直そうという意見まで出てきました。

また闇金を利用し、その闇金から酷い取り立てを受けて、耐え切れなくなり自ら命を絶つ人さえもいるというニュースが流れるたびに、法的対処があるじゃないか!と強く思ってしまいます。

しかし、多くの人が弁護士に相談したりしないのは、債務整理・自己破産・特定調停などという言葉のマイナスイメージからくる負い目みたいなものがあるのと同時に、弁護士に相談するという事自体が敷居が高いものと考えられているからではないでしょうか。

また中にはブラックリストに載るから・・・という理由で債務整理を避けようとする人もいます。ブラックリストに載るのは嫌かもしれませんが、現在の借金生活を続けるよりかはマシなはずです。

ブラックリストに載っても生活に支障がないとブログを綴っている人も中にはいます。

余談ですが、YAHOO!JAPANの様な検索エンジンで 『債務整理』 という言葉で調べ物をする人は何人くらいいるか知っていますか?

月間で約120,000回です。

『自己破産』という言葉では、約75,000回も検索されています。

こうしたキーワードで検索される回数が多いと言うことは、やはりキャッシングやローン、クレジットカードの利用などで困っている人がそれだけ多くいるということです。

もちろん、計画的に利用せず、浪費の挙句・・・ということもあると思いますので、一概にキャッシングやローン会社が悪いと言うつもりはありません。

ただ、『法の矛盾点をついて違法じゃないから、利益のために』という点は受け入れ難く、このようなサイトを作って、債務者の方を少しでも支援したいと思っています。

私自身は、まだ学生ですので、皆様から見ると頼りない人間と思われる部分も、多くあるとは思いますが、自分なりに今まで学んできた事を皆様にお伝えし、少しでも役に立てればと考えております。

人には言えない借金での悩み・・・
しかし、同じように悩みを抱えている人は数多くいるのです!
命を絶つなどと考える前に、新しい人生を切り開く法律の力を知ってください!

スポンサーリンク