グレーゾーン金利について

このサイトを見ている方の中にも、過払い請求を自分でやろうとしている方や弁護士や司法書士に依頼しようと考えている方など様々だと思います。
自分でやるという方は、絶対に利息の計算方法は知っておかなければならないし、法律家に依頼する方でも知っておいて損はないので、是非覚えておきましょう。

発生する利息
1年分の利息 = 借金の金額×利息
1日分の利息 = 1年分の利息÷365(日)
発生する利息 = 1日分の利息×借りている日数

たとえば、100万円を29.2%の利息で30日借りたとすると、
発生する利息

1年分の利息=100万円×29.2%=292,000円
1日分の利息=292,000円÷365(日)=800円
発生する利息=800円×30日=24,000円

そして、30日後に3万円返したとすると
30,000円−24,000円=6,000円が元金の返済に充てられるのです。

つまり、返済後の借金の総額
100万円−6,000円=99万4,000円ということになります。

こんな計算式を覚えるのは、大変だ!という人がほとんどでしょう。
なので通常はパソコンを使って自動計算をします。
無料で利息計算のソフトが使用できるので、そちらを使うようにしましょう。

外山式 利息計算 / 名古屋式 利息計算

スポンサーリンク