グレーゾーン金利について

過払い金がなぜ発生するのかというと、利息を決める法律に利息制限法と出資法の2つがあり、その2つの法律に矛盾が生じているからです。
では、利息制限法と出資法がどういう内容の法律が見てみましょう。

利息制限法での利息の上限
  • 借金が10万円までなら利息は20%まで
  • 借金が100万円までなら利息は18%まで
  • 借金が100万円以上なら利息は15%まで
出資法での利息の上限
  • 借金の金額にかかわらず利息は29.2%までとする。

2つの法律が矛盾していることがわかりますか?

例えば、50万円を金利25%で借りているとすると、出資法では法定内の利息ですが、利息制限法には違反しています。
調べればわかると思いますが、以前の消費者金融でもほとんどが29.2%に近い利息を取っていました。

なぜ多くの消費者金融は利息制限法を守っていなかったか。
それは出資法には罰則があるのに、利息制限法にはないからです。 これでは利息制限法が全く意味のない法律のように感じられますが、そうではありません。

過払い請求の時にはこの利息制限法を使って引き直し計算を行い、本来の借金額を計算するのです。

今までの借金をすべて10%ほど低い利息で計算しなおすので、過払い金が発生するというわけです。

スポンサーリンク