過払い請求とは?

過払い請求とはいったいどういった制度なのでしょうか。

借金整理の方法として自己破産や任意整理などは広く知れわたっていますが、自己破産といえば、今ある借金をゼロにできるというイメージでしょうし、任意整理なら弁護士が自分に代わって借金を減らしてくれるというイメージがすぐ浮かんでくるでしょう。

では、過払い請求とはどんなものでしょうか。
過払い請求とは、利息を決めている利息制限法と出資法という2つの法律の矛盾点をついて、今ある借金をゼロにして、かつ、本来であれば金融業者に対して払わなくてよかったお金を返してもらう方法です。

借金がゼロになりお金まで返ってくるのですから、借金に困っている人なら誰でも利用したい制度だと思いますが、誰にでも過払い請求ができるわけではありません。

ある程度の借金と取引年数がないとお金は返ってきません。

では、具体的にどのくらいの借金の額と取引年数がいるかというと、これは個々の状況によって異なるため、一概には言えません。

一般的に言われているのは、5〜7年以上の取引年数があれば過払い金が発生すると言われています。自分は過払い金が発生しているのだろうか?と疑問に思う人は引き直し計算で確認してみましょう。

引き直し計算の結果、借金の残債は少なくなるけど過払い金がない・・・という人は特定調停という方法で債務整理をすることもできます。
詳しくは、特定調停.NET 自分でできる特定調停というサイトをご覧下さい。

過払い請求はもちろん弁護士や司法書士に依頼することもできますし、自分で行うこともできます。

それぞれ一長一短がありますので、どちらが良いとも言えません。
自分の状況に合わせて決めるといいでしょう。

スポンサーリンク