弁護士に依頼するメリット

弁護士や司法書士などの法律家に依頼するにしろ、自分で過払い請求をするにしろ、それぞれにメリット・デメリットがあるので、どちらがいいとは言えません。

ここでは、法律家に依頼するデメリットを見てみましょう。

1.費用が高い
弁護士や司法書士は、法の専門家であり、借金を抱えて困っている人にとっては、自分を借金地獄から救い出してくれる正義の味方。

しかし、一番気になるのも報酬の高さです。
それなりの報酬を必要になってきます。弁護士や司法書士が助けてくれると言っても決してボランティアではありません。一般的なイメージで知られるとおり、費用は高いです。

多額の借金を抱えている人にとっては、余計に高く感じられるでしょう。※分割支払いにできる法律事務所もあります。

2.法律家もピンキリ
どんな法律家でも同じ額の過払い金が戻ってくる訳ではありません。

弁護士や司法書士にも得意分野がありますので、法律家に依頼する際は、その法律家が債務整理を主な業務としてやっているかがポイントになります。

まずは弁護士や司法書士に過払い請求を依頼したときの手続きの流れについて把握しておきましょう。

普段、ほとんど債務整理をやったことがない法律家に依頼すると、本来であれば全額の過払い金が戻ってくるところを過払い金八割和解や取れる利息を取らずに金融業者と和解してしまうことも。

スポンサーリンク