自分で過払い請求の手続きを取るメリット

弁護士や司法書士などの法律家に依頼するにしろ、自分で過払い請求をするにしろ、それぞれにメリット・デメリットがあるので、どちらがいいとは言えません。

ここでは、自分で手続きを取るメリットを見てみましょう。

1.過払い金が全て自分のものになる
弁護士や司法書士に依頼するということは、報酬を払わなければならないということです。 その報酬は決して安くありません。

料金は法律事務所によって異なるので、一概にいくらかかるとは言えませんが、
一般的な料金は下のようになっています。

法律事務所への支払いの例
基本料金 1社につき3〜5万円
成功報酬 過払い金返還額の20%
訴訟を起こした場合は、書類作成料金などがプラスされる。

この料金はバカになりません。
取り戻した過払い金の半分以上を報酬として支払うなんてこともありえる話です。

2.費用が安い
債務整理をするときの費用は裁判所に支払うお金と、弁護士に支払うお金があります。 過払い請求では裁判所に申立てをせずに業者と直接手続きができますし、裁判所に納める費用は微々たるものです。 過払い請求で一番高い費用は弁護士に対する報酬なのです。

自分で過払い請求をすれば、その費用を安く抑えることができます

スポンサーリンク